【レビュー】おすすめの中華イヤホン:BGVP DMS

2020年3月15日

BGVP DMS
BGVP DMS
BGVP DMS バランスドアーマチュアドライバー6基とダイナミックドライバー1基を搭載した6BA+1DD ハイブリッド型イヤホン 3Dプリンターで作られた金属筐体 アルミ合金フェスプレート 高音質 ステレオ カナル型イヤホン 高純度ケーブル リケーブル可能 MMCX端子 3.5mmプラグ 中華製イヤホン

人気が高い中華IEMメーカーBGVPの6BA+1DDのイヤホンです。同社の比較的ヒットしたイヤホンDMGの設計思想を受け継いでいるようですが、音質は少し異なります。やや高域の主張が強かったDMGよりは高域がマイルドになっており、自然な味付けに感じられるでしょう。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

梱包は簡素です。BGVPのイヤホンにはキャリイングケースが付属していません。

DMSは、DMGのデザインを修正したような外観を持っています。材質はDMGと同じようにアルミニウムを丁寧に加工して作られており、DMGと同じようにビルドクオリティは優秀です。

フェースプレートはBGVPのロゴデザインに似た通気孔を持っています。DMGにあったノズル機能は廃止されました。効果はあまりない機能だったので、安全性のためにオミットしたのは合理的な判断と言えます。

仕様など

▷パラメータ:
駆動ユニット: 6ユニット可動鉄( Knowels + BGVP )+複合振動板可動リング
歪み率:≦0.5 % (1khz )
周波数応答: 10 Hz~40 khz
感度:≧110 dbspl/MW
インピーダンス: 12Ω
リード線:1.2m±5 .%
線状:高純度単結晶銅銀メッキ線材
重量:単体で約6.4 g

amazonの商品ページ

音質

4BA+2DDのDMGに対し、6BA+1DDの構成のDMSは一見、高域方向に音質が拡張されたように思うかも知れません。しかし、DMSの高域はDMGよりマイルドです。

低域は平坦な印象を受けます。深掘り感はかなりしっかりしており、ウーファーサウンドは充分に感じることができます。中低域の持ち上がりはDMGに比べるとゆるやかに思えます。

中域におけるDMGとの大きな差は女性ボーカルの存在感です。DMGでは少し活気の抜けた感じがありましたが、DMSでは艶やかな色合いを見せてくれます。DMGとDMSを聞き比べてみると、DMSのほうがより中域に比重を置いていることがわかります。

高域はDMGの前屈みでディテール感を見せつける音に比べると落ち着きました。高域の解像度や光沢感は明らかにDMGのほうが魅力的に映るでしょう。

ステージングは優秀です。中域では広々とした空間を感じることができます。この音場の広さもDMGより優れている点の1つです。

コストパフォーマンス

7基もドライバーを積んで2万円以下で買えるという見た目上のコスパの良さが魅力です。音質は思ったより普通ですが、それでも音場の広さや女性ボーカルの聞こえなどを考えると、十分に魅力的でしょう。ただより低価格で買える人気機種DMGのほうが高域表現の美しさで第一印象に優れるので、DMGのインパクトに比べると、少しおとなしく思えることは事実です。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

BGVP DMS

8.2

装着感

8.0/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • バランスの良い音質
  • 女性ボーカルがきれい

Cons

  • イヤホンケースが付属しない

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...