【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:AIKAQI B04

2019年6月18日

AIKAQI B04
AIKAQI B04
AIKAQI Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス ワンボタン 左右分離型 マイク内蔵 ブラック B04

AIKAQIはいろいろな低価格オーディオを提供している中華メーカーです。そのAIKAQIの完全ワイヤレスイヤホンB04はロングセラーとなっています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

発売以来売れ続けている機種

2017年に発売された機種ですが、根強い人気で売れ続けています。スペックはさすがに優れた感じではありませんが、たくさんのレビューがあるので良いところも悪いところもわかりやすいです。AIKAQIはサポートも悪い方ではありません。

仕様など

商品仕様:
Bluetooth:V4.1
接続距離:約10メートル
電池容量:約50mAH 、バッテリーケース約450mAH
通話時間:約3-4時間
音楽聴く時間:2-3時間
連続待機モード:30時間
充電時間:約1時間

パッケージ内容
・イヤホン本体1組 ・充電式収納ケース1
・イヤーピース2 ・イヤーフック1
・日本語取扱説明書*1

amazonの商品ページ

バッテリー性能

イヤホン単体の連続再生時間は2-3時間です。ケース込みの最大再生時間は15時間程度になります。

通信性能

通信性能はそれほど高くありません。家の中で使う分には充分ですが、外出時は移動中に少し途切れが目立ちます。交差点などでは完全に途切れることもあります。

防水性能

IP55の防塵防水性能を持っています。機密性は高く、雨の中でもそれなりに使えそうですが、水没には対応していません。

[外来固形物に対する保護等級]
※いわゆる防塵性能
0級:特に保護がされていない
1級:直径50mm以上の固形物が中に入らない
2級:直径12.5mm以上の固形物が中に入らない
3級:直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4級:直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5級:有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
6級:粉塵が中に入らない(耐塵形)


[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)


https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

音質は価格の中では平凡です。ボーカルが聞こえやすい点は良いですが、音のディテールが良い機種ではありません。やや平面的でシャリシャリし、低域はそれほど深みがなく、少しぼーっとした音です。3Dサラウンドなどと商品ページに書かれていますが、サラウンド感はありません。

コストパフォーマンス

完全ワイヤレスイヤホンの中では安めに手に入る機種ですが、2019年の今となっては、とくにおすすめするところはありません。

AIKAQI B04

6.8

装着感

8.0/10

バッテリー

5.0/10

通信品質

6.0/10

防水性能

7.5/10

高音

6.5/10

中音

7.5/10

低音

6.5/10

コスパ

7.5/10

Pros

  • 安い
  • ビルドクオリティは悪くない
  • ボーカルの聞こえは良い
  • 防水性能は低くない

Cons

  • 平凡以下の音質
  • 通信品質が良くない