【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Anker Soundcore Liberty Air

2019年5月30日

Anker Soundcore Liberty Air
Anker Soundcore Liberty Air
Soundcore Liberty Air(Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン by Anker)【PSE認証済 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵 / IPX5防水規格 】(ブラック)

今回はAnkerの人気モデル、Soundcore Liberty Airを紹介します。AirPodsライクなデザインが話題になった機種で、軽い付け心地とフィット感の良さ、そして相変わらずのコスパの良さが人気となりました。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

グラフェンドライバーを採用した高精細な音質

ドライバーの材質には硬度の高いグラフェンを使用しており、これによって歪みの少ない明瞭なサウンドを奏でるのが特徴とされています。グラフェンはダイヤモンドよりも硬いと言われており、日本マクセルがイヤホンドライバー材質として採用して以来、比較的安価に高音域の解像感を高めることができる素材として、低価格イヤホンで使われるようになりました。

グラフェンをドライバーに使用すると、一般的に高域の発色と分離感がよくなり、高精細なサウンドを奏でることができるようになります。音は尖りやすくなるのでチューニングの腕の見せ所でもありますが、非採用製品より発色がよくなり、エレクトロダンスミュージックに多用されるシンセサイザーなどの電子系の音の発色がよくなり、女性ボーカルもより明るく聞こえる傾向にあります。

これまでもAnkerはグラフェンをドライバーに採用してきましたが、このAirはこれまでのLibertyシリーズより低域を抑え、中高域寄りのチューニングを施されており、これまでの機種以上に鮮明なグラフェンの味を素直に堪能できるようになっています。

AirPodsに似たフィット感抜群のデザイン

AirPodsライクな、いわゆる「うどん」型のハウジングデザインを採用していることも大きな特徴です。

音響部分のデザインはオープンエアーなインイヤータイプであるAirPodsとは異なり、カナル型を採用していますが、音質的にはAirPodsと同じく中高域寄りのフラットで似ています。

オープンエアーなAirPodsとは密閉性が異なるので、装着感は若干異なるものの、耳への収まりが小型のハウジングと、飛び出した通信バーが適度に重心を安定させてくれますので、なかなか心地よい装着感が得られ、しかも軽量なので耳に負担感がありません。

防水性能

IPX5相当の防水性能を持っています。これは生活防水レベルで、雨中での使用も短時間なら問題ないと思われますが、水没には対応していません。水たまりなどに落としてしまうと故障の原因になりますので、雨が降ってきたらしまうとよいです。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

バッテリー性能

イヤホン単体での連続再生時間は最大5時間。充電ケース併用で最大20時間まで利用することが可能です。これはスペックとしては標準以上で、日常使用の範囲内であれば、普通は問題を感じないでしょう。

通信性能

比較的安定しています。街中でもほとんど途切れを感じないと思います。ただネット上の評判を確認するとペアリングがうまくいかないという人も多く、相性問題はありそうです。実はAnker製品は意外とこの手の通信相性問題が発生しやすく、一部の機器とは相性が良くて通信が安定しているのに、他の機器では使いづらいということも多いです。またレビューを読む限り、製品レベルでの品質の個体差も比較的大きい印象を受けます。

Anker製品には極端に悪い評価とべた褒めな評価が混在しやすい傾向にあるので、極端な評価を信用しすぎない方が良いです。この点は注意しましょう。

コストパフォーマンス

コスパは悪くないですが、特別に良いというわけでもありません。音質は低域を少し抑えて、中高域の聞こえをよくした感じになるので、ロックやダンスミュージックでは迫力不足を感じやすいかも知れません。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

Anker Soundcore Liberty Air

7.8

装着感

8.5/10

バッテリー

8.0/10

通信品質

8.0/10

防水性能

7.0/10

高音

8.0/10

中音

7.5/10

低音

6.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • 鮮明な高域
  • 装着感の良さ
  • 充分なバッテリー性能
  • 充分な防水性能
  • コスパは悪くない

Cons

  • 個体差がある
  • 通信品質に相性がある

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...